スポンサーリンク
演奏法

【ピアノを弾く身体】指は鍛えられる?どうやって鍛える?

指を鍛えることはできません。しかし腕を鍛えることに換えることができます。ダンベルなどを使って腕を鍛えてみましょう。そもそもなぜ指を鍛える必要があるのでしょうか?それは指を立たせるのに必要な筋肉を鍛えるためなのです。
フィギュアスケート

宇野昌磨選手が使用したクラシック音楽まとめ6作品

ラヴェル:ツィガーヌ、ベートーヴェン:ヴァイオリンソナタ第9番≪クロイツェル≫Op.47より第1楽章、プッチーニ:誰も寝てはならぬ、ピアソラ:ブエノスアイレスの午前零時、ヴィヴァルディ:「四季」より第4番冬、ベートーヴェン:ピアノソナタ第14番≪月光≫Op.27-2
フィギュアスケート

羽生結弦選手が使用したクラシック音楽まとめ8作品

シング・シング・シング、ラフマニノフ:パガニーニの主題による狂詩曲、チャイコフスキー:バレエ音楽「白鳥の湖」、サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン、スクリャービン:練習曲Op.8-12ニ短調「悲愴」、ショパン:バラード第1番ト短調Op.23
練習法

【練習法】サボってピアノは上手くなる「休憩のピアノ練習法4選」

まじめな方の方が、実は非効率的な練習をしている可能性があるのです。長時間ぶっ通した練習は500mℓペットボトルに2ℓの水を詰めるのと同じことです。適切な休憩で、記憶の整理をすることが練習においてとても大切です。下手になる練習を排除しましょう!
演奏法

タッチの種類は音色のパレット「ピアノのタッチの2つの原則」

みなさんはピアノのタッチをいくつ持っていますか?ピアノのタッチの種類は音色のパレットのようなものです。様々なタッチの方法がありますが、今回はタッチにまつわる大きな原則である「上部雑音」と「下部雑音」について書いていきます。
雑記

絶対音感あるある11選

カラオケでキーの上げ下げが出来ない・机を叩く音は分かりません・歌手の音痴さが身に染みてしまう・自分が音程よく歌えるとは限らない・椅子を引く音が音程に聞こえる・ファ○マの入店音の不自然さ・相対音感が理解できない・レンジや炊飯器の音・特に駅メロに敏感などなど
雑記

緊張の概念を、ぶっ壊す!緊張の対処法7選

緊張によってパフォーマンスの質が低下するのは嘘です。緊張によって私たちの集中力は高まり、より良いパフォーマンスが出来るのです。緊張の正体は不安と興奮。それぞれのバランスが大事で、それぞれ対処する方法があります。緊張を適切に対処することが大切です。
練習法

【究極の練習法】音大生が教える「譜読みと練習の極意4か条」

1.自分版を作るべし、2.間違えないように弾くべし、3.ゆっくり弾くべし、4.譜読みは習慣化すべし。最新の演奏科学を基に構成したこの練習法を実践すれば、多くの作品を効率よく深い理解で演奏することが出来るようになります。譜読みは習慣化によって辛くなくなりますよ!
練習法

みんなが使う「原典版」って何?原典版以外の版は何?

原典版(Urtext)は作曲家の自筆譜が忠実に再現された版です。また自筆譜以外の情報、つまり当時の演奏慣習やペダル、指使いが書かれた版は実用版と呼びます。両者にはメリットとデメリットがあり、両方を駆使して自分の演奏を組み立てる必要があります。
ムソルグスキー

ムソルグスキー作曲【展覧会の絵】のピアノ版受容までの3つの奇跡

ムソルグスキー作曲「展覧会の絵」原典版は80年以上もの間認知されず、オーケストラ版が主流となっていたのです。ラヴェル版による世界的な認知度アップ、ホロヴィッツが行ったあること、リヒテルの世紀の大名演の3つの奇跡が融合して、原典版は演奏されるようになりました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました