スポンサーリンク
ショパン

【ショパン】音大生の練習曲Op.10-1解説(弾き方 練習方法)

ショパン作曲:練習曲Op.10-1の演奏法やリストの秘話、そして参考になる音源並びに動画を紹介しています。練習曲Op.10-1は手が小さくても弾ける?どうしたら弾けるようになるの?とのお悩みにしっかり回答しております。これであなたもショパンエチュードデビュー?
ショパン

ピアノ弾きの憧れ「ショパン」のオススメ16曲!

ショパンはピアノ初心者には弾けないと思われがちですが、実は簡単に弾くことが出来るのです。ショパンの中でも比較的簡単な作品を集めてみました。ポロネーズにマズルカ、ワルツ、エチュードも実は弾ける?意外な作品から超有名曲までを厳選しました。
楽曲紹介

【ピアノ発表会】発表会で映える!難しく聞こえるピアノ曲8選!

ピアノ発表会に良い曲は舞台映えする曲です。ショパンのノクターンやスケルツォが舞台上ではよく映えます。また、スピンドラ―のラッパ手のセレナードや、コルトーのインディアンの踊り、デュランのワルツなどはオススメです。小学生から中学生まで弾ける曲を選びました!
ショパン

【ショパン】今更聞けないショパンの傑作集【ショパン バラード ポロネーズ】

ショパンの別れの曲や黒鍵、華麗なる大円舞曲などは確かに有名ですが、ショパンの神髄、つまりショパンの大傑作は意外と知られていないのではないでしょうか?バラードだったら第4番、スケルツォも第4番、ポロネーズの第5番は珠玉の名作です。
演奏法

【フーガ】音大生が解説する「フーガの弾き方と成り立ち」

フーガの練習は苦しく大変なものですが、もともとフーガは合唱のようなものなのです。かけあいを楽しんだり、どんどん発展していく様を聴いていったりするいわば「遊び」なのです。しかしピアノで弾くのは超大変、。フーガが演奏できるよう、解説いたしました。
カプースチン

【カプースチン】ジャズ?クラシック?カプースチンの謎に迫る!

ニコライ・カプースチンはロシアの作曲家で、今もご存命です。代表作にはピアノ協奏曲第2番や変奏曲Op.41、フルートトリオなどがあります。その中でとくに有名な「8つの演奏会用練習曲」について掘り下げてみました。オススメは1.3.7番。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました