スケルツォ

スポンサーリンク
ショパン

【ショパン】ショパン作曲「スケルツォ第2番Op.31」の解説と演奏法

どうも、音大生のこうきです。今回はショパン作曲のスケルツォ第2番Op.31を解説してみました。「ところてん、はんぺん、めんちかつ」はこの曲の合言葉です。3拍子だけど4拍子で。指で繋げられないけどレガートで。この作品こそ真のスケルツォでしょう!
ショパン

【ショパン】ショパンが残した4つのスケルツォをすべて解説する

どうも、音大生のこうきです。今回はショパン作曲のスケルツォ全4曲を一気に解説してみようと思います。初期から円熟期にかけて作られたスケルツォの意味は「おどけて」。ショパンが作るとしっかりとした対極に見えてしまいますが、実は滑稽なエッセンスが詰まっています。
ショパン

【ショパン】今更聞けないショパンの傑作集【ショパン バラード ポロネーズ】

ショパンの別れの曲や黒鍵、華麗なる大円舞曲などは確かに有名ですが、ショパンの神髄、つまりショパンの大傑作は意外と知られていないのではないでしょうか?バラードだったら第4番、スケルツォも第4番、ポロネーズの第5番は珠玉の名作です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました